“in the sky”の与えてくれた、非日常的ワクワク感。。

 

 

おっさんずラブ・連ドラにおいて、

“天空不動産編”が与えてくれたのは、ドラマチックながら随所に散りばめられた日常感というか、生活感というか、、

うまくは言えないが、なんだかホッとするような柔らかさというかなんというか、、そんなほっこり優しい幸福感…?

あ~ダメだ!うまくまとまらない。許して!笑

※関連記事…おっさんずラブにおける“生活感”のエモさ。。

 

 

そして、第2段である“in the sky”が与えてくれたのは…非日常的ワクワク感である。

 

春田創一はオシャレだし、男性社員寮もありえないくらいハイセンスだ。

なにせ、デッキサンダルがBIRKENSTOCKなのだ。

登場人物も皆一様に流行色を着こなしている。。

 

 

なのでやはり、天空不動産編とin the skyは全くの別物だ。。

 

in the skyの非日常的ワクワク感は、いつもの僕の生活にスパイスを与えてくれた。

 

👆️…寮で春田達が使っていたのと同じ鉛筆箸だ。

毎日…今日は春田♪、今日は成瀬♪、今日は、、と、日替わりで楽しませてもらっている。

(※戸次重幸氏演じる四宮要(通称しのさん)の使っていたオレンジ色の箸だけ無い。なぜなら僕の中では勝手に恋敵だから。笑 …関連記事→“春田として大失恋した僕。。”)

 

 

今日も沼にどっぷりだ。。笑

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です