恋愛は芸の肥し。。

 

※『恋はつづくよどこまでも』…ちょいネタバレ⚠️!

 

まずは昨日のコチラの記事からどうぞ…↓

『佐藤健氏が夢に出てきた話。。』

 

TVに出てる人って、ホント大変だろうなって思う、、

特に役者さん。

だって、あんなに気持ちを込めて演技してたらそりゃ相手を好きになっちゃうでしょって話。

で、共演者とちょっとご飯でも行こうものなら…撮られる。

すぐスキャンダルになる。

 

不倫なんかバレた日には、そりゃ~もう大変だ。

一般ピープルのそれとはわけが違う。

 

いや、僕は別に『不倫は文化だ!』とかいう古い名言?に賛同するわけではない。

どちらかというと、めんどくさい事になるからやめときな~~派である。

 

でもね、、目の前に魅力的な人が居たら普通に恋しちゃうでしょ!

その気持ちを具体的な行動に移すか否かは別にして。。

 

キスシーンとか、逆の意味でキツいと思う、自分なら。

僕は惚れたら一気に加速してしまうタイプだから、

『キスできた♪ラッキー♪』

…とはならない。

相手がシングルならいい、でも必ずしもそうではない。。

 

だからもし僕が役者だったら、ある程度歳をとるまで結婚は絶対にしない。しちゃダメ。危険すぎる。

 

前置きが長くなってしまったが、、

 

『恋愛は芸の肥し』

…昔から言われていることだ。

ただ今回僕は、これはホントにそうだと“佐藤健氏”の演技を見て確信した。

 

健氏といえば、、

今まで数々の女優と浮き名を流しながら、いまだ独身だ。。

学生時代はシャイだったという話だが、業界に入ってからはおそらく、色々な相手と様々なパターンの恋愛を経験してきたのだろう。

役者にとってそれは絶対的経験値になる。彼がそれを証明してみせてくれたように思う。

 

先日、『恋はつづくよどこまでも』の第2話のラスト、、

ヒロインである佐倉七瀬(上白石 萌音)の部屋に忘れ物を取りに来た天童浬(佐藤健)は、そこに居るはずのないよく知る同僚の男とはち合わせになる。

…それを目撃した際の、天童(健氏)の複雑な表情にご注目頂きたい!

 

我々は、まさにその反応…そういう顔が見たかったのだよーーーーーー!!✨

 

クールなドSキャラ。なのにそこでそんな顔するんだ!

…正直すぎるでしょ!

ギャップ萌えをなんてナチュラルに演じるんだよ!

今後の展開に期待が膨らみ、妄想だけで胸がパンパン、萌え萌えキュン死だっつ~の!

 

痒いところに手が届く男…佐藤健。。

ハート泥棒め!

 

…そりゃ夢にも出てくるよ!笑